ランドセルにも手入れは必要!長持ちさせるためのお手入れ方法

ランドセルを長持ちさせるポイント

ランドセル,人気,2019,ブランド,比較

?日たくさんの教科書を詰め込んで6年間過酷に使うランドセルだからこそ、選ぶ時には本体の軽さばかり考えるのではなく、耐久性にも重点をおくべきだと思います。

 

ランドセルは使われている素材によって耐久性が変わってくるため、素材をしっかりと選んでランドセルを選びましょう。

 

現在ランドセルに使われている素材は天然皮革か人工皮革です。

 

主流として人気が高いのは人工皮革のクラリーノです。

 

大人のカバンですと人工皮革より天然皮革の方が長年使うことも考えると味が出てきて良いと思うのですが、子供が6年間使うだけと考えると人工皮革の方が優れいていると思います。

 

傷や雨にも強いので活発な子供が6年間使い続けても破損せずに耐えるとこができる耐久力はあります。

 

雨のときも内部に水が染み込んだりすることは無いので教科書が濡れていしまう心配もありません。

 

素材だけでなく金具や縫い目がしっかりしているものを選ぶのも長持ちさせるのに大事なポイントです。

 

 

ランドセルを長持ちさせる手入れの方法

ランドセル,人気,2019,ブランド,比較

6年間使い続けるランドセル、登下校の時に雨が降ることも何度もあるでしょう。

 

かさを使ってもランドセルは確実に濡れます。そんな時にドライヤーで強引に乾かしたり、直射日光の下で乾かすのは絶対にダメです。

 

ドライヤーの熱や直射日光の熱で表面が傷んでしまいます。

 

表面についている水気を吸収性の高い柔らかい布やタオルで優しく吸い取ってあげましょう。

 

この時もこするのではなく軽く当てるように吸い取ってくださいね

 

夏休みや冬休みなど、長期間ランドセルを使用しない時は教科書など中身を全て取り出して、何も入っていない状態で保管するようにしてください。

 

教科書を入れっぱなしで保管してしまいがちですが、型崩れの原因になるのでおすすめできません。

 

直射日光の当たらない風通しの良いところに保管するのが長く清潔に使うことができる秘訣です。