軽いランドセルの選び方は?特徴は?

軽いランドセルを選ぶときの大事なポイント

ランドセル,人気,2019,ブランド,比較

ランドセルは単に重さが軽いから良いという単純な問題ではありません。

 

軽いと言われているメーカーは背負安さや実際に感じる体感での重さを意識して開発しています。

 

さらにランドセルは肩の背中に負担がかかるので肩への負担をできるだけ減らして背中や腰へ分散させ体全体で支えるように工夫されています。

 

重量バランスに配慮したものを選ぶようにしましょう。

 

まだまだ成長過程にある子どもの肩に負担がかかりすぎるのは姿勢に悪影響を与え、猫背などの問題に繋がる恐れがあります

 

また、軽くても丈夫でないと意味がなく、中の芯材に問題があれば6年間持たないランドセルとなってしまいます。

 

海外製のものには芯材がダンボールなどの粗悪なものも多く、国産のほうが丈夫さに関しては安心できると思います。

 

 

肩ベルトと背当ての構造も重要になってきます。肩ベルトが自由に動き体にフィットして背当てが背中にフィットして体感重量を軽く感じるように設計されているものがよいです。

 

密着する背当ては通気性にすぐれ弾力がある素材を選びましょう。抗菌作用のあるものが主流になっているので購入前に確認しましょう

 

 

2019年モデルで一番軽いランドセルは?

ランドセル,人気,2019,ブランド,比較

ランドセルの重さは親御さんなら気にするのは当然だと思います。

 

少しでも軽いものを選んであげようと素材などのこだわりを持って、さらに6年間使い続ける耐久性も必要とある必要があります。

 

丈夫さを考えると本革が傷にも強くしっかりしているのですが、重量を考えるとどうしても少し重くなります。

 

軽量にこだわるなら間違いなく人工皮革のランドセルを選ぶことをおすすめします。

 

人工皮革のランドセルは軽量化しやすく、最軽量では890gのランドセルも登場しています。

 

2019年モデルでは協和のふわりぃのレジェコンパクトが最軽量です。

 

A4フラットファイル対応で900gを切る驚異の軽量化に成功しています。

 

大きさも従来のものと変わらずスッキリしています。

 

素材を人工皮革のクラリーノにナイロンをプラスしたハイブリット人工皮革を開発して採用しています。

 

機能性は従来のランドセル同様で6年間保証もついています。