ランドセルに最適な本革の種類と特徴|重さや丈夫さを比較

ランドセルに使われる天然皮革の種類

ランドセル,人気,2019,ブランド,比較

ランドセルには大きく分けて人工皮革と天然皮革のどちらかになります。

 

そのうち天然皮革には牛革とコードバンと呼ばれる馬革があります。

 

牛革は牛の皮で製造それていて、皮の中では比較的安く手に入れやすいのが特徴です。

 

耐久性にも優れていて、使い続けることで味が出て肌触りなども馴染んでくるので人気があります。

 

丈夫で型くずれしにくいのですが、厚みがあって重く、雨に弱いという弱点があります。

 

コードバンは馬の尻の部分の皮で牛革以上に丈夫で肌触りがよく、皮界のダイヤモンドと言われています。

 

牛革と同じ様に厚みがあって重いので軽量化しにくいという弱点はありますが、質感や使い込んで出てくる味は最高なものになります。

 

手に入れることすら困難な希少な革なのでランドセルの値段が高くなってしまうところもデメリットですね。

 

弱点の耐水性ですが、最近の革加工の技術が上がってきたので撥水加工や防水加工を施して革も登場して雨や水にも強い天然皮革も登場しています。

 

ランドセルにしたときの重さは人工皮革に比べると200g程度重くなります。

 

これを思いと思うのか軽いと思うのかはランドセル自体の作りにもよります。

 

 

ランドセルの皮革による重さや耐久性などは

ランドセル,人気,2019,ブランド,比較

天然皮革の場合だと人工皮革よりも重いのが一般的ですが、そこまで意識する必要がない程度の重さかも知れません。

 

人工皮革が1000g〜1200gにたいして天然皮革のランドセルは1100g〜1400gになっています。

 

人工皮革より平均して200g思い程度になっています。

 

ランドセル単品で持つと少しさがあるように感じるかも知れませんが、教科書や文房具を入れて持つと全く重さの区別はつかない程度です。

 

6年間使い続けることを考えると丈夫で使えば使うほど味の出てくる天然皮革をおすすめするしたいですね。

 

傷にも強く型崩れなどもしにくいので特に男の子にはおすすめします。

 

触り心地や使っていくうちに出てくる味を楽しんでもらいたいと思います。