ランドセルの本革と人工皮革を比較!メリットとデメリット

天然皮革のランドセルのメリットとデメリット

ランドセル,人気,2019,ブランド,比較

天然皮革は使い込めば使い込むほど味が出て柔らかく馴染んでくるので、ランドセルとしても高級感があり人気です。

 

手触りの良さや本革ならではの艶やニオイなども上質で魅力です。6年間?日使うものなので傷や劣化も愛着に変わります。

 

丈夫で通気性が良いのも利点です。

 

デメリットは水分や湿気に弱いので雨の日が面倒で手入れが必要になります。

 

色あせなどの劣化が目立ちやすく値段も高価です。

 

しっかり水分を拭き取らないとニオイやカビの原因にもなるので色落ちは劣化を引き起こします。

 

風合いが損なわれないように雨を防ぐカバーを付けたりする必要もあります。

 

こまめに手入れしたりすれば長持ちして天然皮革の持つ独特の深い味わいも醸し出せますが、手入れを怠るとそれも楽しめません。

 

長持ちする天然素材ですので思い出を蓄積させ風合いを楽しめるように手入れをしましょう。

 

一つ一つ表情や手触りも違うのも特徴でオリジナルティーの高い素材だと言えます。

 

 

人工皮革のメリットとデメリット

ランドセル,人気,2019,ブランド,比較

人工皮革は耐水性に優れていいて汚れにも強いのが特徴です。

 

雨に濡れたり汚れや傷がつく安いランドセルにはうってつけの素材です。

 

しかも軽くて手入れの必要が無いのが最大のメリットです。

 

手軽で便利が人工皮革の良い点ですね。

 

多少乱暴に扱っても汚れや痛みを気にする必要もなく6年間ぐらいはしかり使うことができます。

 

そのうえ軽いのでお子さんの負担も少なく安心して選んであげられる素材です。

 

デメリットは天然皮革と違い使い込んでも味は出ません、劣化していきます。

 

最近のものは傷にも強く劣化にも強くなってきましたが風合いなどを楽しむことはできません。

 

また、人工皮革は熱にも弱いので高温多湿な場所に置くと劣化が進んでしまいます。

 

高温になる夏の車内などに放置するのは絶対にNGです。

 

酷い時は変形してしまうこともありますので注意してください。

 

6年間だけ使うと割り切った場合、人工皮革で十分ではないかなとお思います。