ランドセルの素材|かぶせに最適な素材と特徴

ランドセルのかぶせの役割と素材

ランドセル,人気,2019,ブランド,比較

ランドセルのかぶせとは、ランドセルのメインの大きな蓋の部分です。

 

一般的なタイプはランドセルの底まで覆っていて、ソコにある錠前で開閉するタイプです。

 

最近は覆っている部分は背面で止まっていて錠前も背面についている半かぶせタイプも発売され人気上昇中です。

 

かぶせの無い横型タイプなども販売されています。

 

かぶせの主な役割は、雨や汚れから中身を守ることです。

 

素材は牛革、コードバン、人工皮革が主流でそれぞれの価値によって値段も違います。

 

素材を選ぶときのポイントはそれぞれの素材の良いところと悪いところを理解して何を優先させるかを自分で決めることです。

 

軽さや価格を重視するならクラリーノ(人工皮革)を選ぶのが良いですし、使い込むほどに愛着が湧く味のあるランドセルがほしければ天然皮革を選ぶのが良いです。

 

丈夫さを優先させるなら天然皮革になりますが、6年間使うだけと考えると人工皮革でも十分な耐久性がある物もあるので問題ないかと思います。

 

 

ランドセルのかぶせにおすすめの素材と理由は

ランドセル,人気,2019,ブランド,比較

かぶせの素材には牛革とコードバン、人工皮革があることは説明しました。

 

個人的なおすすめはクラリーノなどの人工皮革です。

 

昔は牛革が主流でしたが、牛革自体の価格の上昇でランドセルも高価になりすぎてしまうためお勧めできません。

 

そら、見た目もかっこよく高級感もありますし耐久性も優れていますが子供が使うことを考えると贅沢する必要は無いのかなと思います。

 

手入れも大変ですし、手間を考えるとコスパはかなり悪いのではないかと思います。

 

また、コードバンになると更に手入れする道具も高価になるため、さらにアフターケアに負担がかかるのでおすすめできません。

 

手入れもお手伝いさんがやるような富豪一家にはおすすめですが(笑)

 

それに比べ最近の人工皮革は機能性も優れ見た目にも問題なくとにかく軽い。

 

傷に強いタイプやラメの入ったタイプなど用途に合わせて様々な種類があるためランドセルのかぶせにはおすすめです。